shutterstock_206422645-480x318
子育てには毎日悩みが尽きませんが、中でも、お子様の『離乳食』で悩むママやパパは多いのではないでしょうか!?

「赤ちゃんの離乳食って一体いつから始めたらいいの?」

「離乳食ってどんな味付けをしたら良いの?」

などと、初めてで分からないことや戸惑う点やが多く、子育て真っ最中の私も悩んだ経験があります。

今回は、赤ちゃんにとって離乳食はいつから始めるのがベストなのか、またその味付けについてもスポットを当ててお伝えしていきます!

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの離乳食はいつから始めるの?

◇赤ちゃんは生まれてから数か月間、母乳やミルクを飲むことで成長してきましたが、だんだん母乳やミルクの栄養だけでは足らず、離乳食からの栄養も必要になってきます。

その離乳食を開始する時期は、一般的に生後5~6か月頃が良いとされています。

その頃になると赤ちゃんの首も完全に座り、腰もしっかりしてくるので、徐々に食事を取る体勢がとれるようになってきます。(もちろん、個人差はあります!)

◇また、それよりも早く始めてしまうと、アレルギーのリスクが高まる危険性もある為、注意が必要です。

しかし、5~6か月といっても、結構幅がありますよね・・

そこで、赤ちゃんにとって離乳食を始めても良い時期か、赤ちゃんを観察すべきポイントがいくつかあります!!

  • 母乳やミルクをしっかり飲ませてもすぐお腹を空かせる。
  • 食べ物に興味を持ち触ろうとしたりする。
  • 大人が食事しているのを見てよだれを垂らす。
  • 乳歯が生えてきている。
  • スプーンを口の中に入れても舌で押し戻さない。

以上のようなことが確認できるようになってくると、赤ちゃんが離乳食を開始する準備ができ始めている可能性は高いと言えます♪

【スポンサードリンク】

離乳食の味付けは?

◇離乳食をいざ始めてみたものの、今度は味付けはどうしたらよいの?と作る上で悩むことが増えてきますよね。

離乳食は、大人の食事を作る時のような味付けはいりません。

特に離乳食を開始したばかりの赤ちゃんには、基本的に味付けは全くせず、食材の味そのものを味わってもらうのが良いでしょう。

大人が味見してみても味が薄すぎて「これで美味しいの?」と不安になってしまうかもしれませんが、赤ちゃんの味覚は大人よりも敏感なので、素材の味だけでも十分に味を感じることができます。

◇しかし、離乳食がすすむにつれて、だんだん味付けなしでは食べてくれなくなることも出てくるかと思います。

そんなときはいきなり大人と同じ塩や砂糖、醤油等で味をつけるのではなく、まずはだしや野菜のスープを使って味に変化をつけてみましょう。

このときに気を付ければならないことは、大人と同じ市販のだしやスープを使ってしまうと、そこに塩分等が多く含まれてしまうことです。

その為、離乳食用には家庭で鰹や昆布からだしを取ったり、野菜を煮込んでスープを取る必要があります。

なかなか手間のかかることで大変かと思いますが、まとめてたくさん作って小分けにして冷凍したり、時には市販されている離乳食用の薄めのだしや、野菜スープを使うなどの工夫をしていくと良いですね。

赤ちゃんを観察することが大切!

◇離乳食に限らず、子育て全般に言えることですが、何よりも赤ちゃんを観察してあげることが大切です。

今回、お伝えした離乳食の開始時期や味付けについても、しっかり赤ちゃんを観察してあげましょう。

「周りの同じくらいの月齢の赤ちゃんはもう離乳食を食べているのに、うちの子はまだ食べてくれない・・」というときは、その子にとって離乳食を開始する準備がまだできていないのかもしれません。

同じ月齢の子と比べて不安になることもありますが、焦らず、お子様のペースを信じて見守ってあげると良いですね。

◇離乳食をあげるときには、赤ちゃんが「どんな味が好きなのかな?どんな味が苦手なのかな?」と観察してあげると、きっと次に作るときのヒントになりますよ☆!

【スポンサードリンク】