甘いものを食べ過ぎると老ける!?量が多いとお肌や内臓が老化するって本当!??

3c433176c4da70bcf53b1e529a8f2043
ごはんよりも甘いもの♡甘いものを食べているときが一番幸せ♡甘いものがあれば生きていける♡というスイーツ大好きなみなさん!大変です・・

「甘いものを食べ過ぎると老ける」という、信じたくない情報が耳に入ってきました・・

お砂糖たっぷりの甘いものは、口に入れると心を満たしてくれますが、調子に乗って食べまくっていると、老化の原因になるそう・・

甘いものは、一体どれくらいの量なら食べても大丈夫なのでしょうか?

甘いものを食べる量が多い人にとっては、老化につながってしまうなんて恐ろしい限りですよね。

果たしてその真意は!?真相に迫ります!!

【スポンサードリンク】

甘いものを食べ過ぎると老けるって本当?

◇毎日甘いものばかり食べて過ごしていると、老けやすくなるというのは、どうやら本当です。

大量の糖分を一度に摂取すると、体内で「糖化」と呼ばれる現象を引き起こします。
(体内のたんぱく質が糖と結びついて、固くなる特殊な反応です。)

すると、肌の弾力が失われ、たるみやしわの原因になってしまうそうです。

さらに、糖化でできあがったたんぱく質は、AGEs(エイジス)と呼ばれ、体中の老化を進める原因物質とされています。

このAGEsが、お肌や内臓の老化を進めていってしまうのです。

◇また、糖化は、若さを保つたんぱく質である「コラーゲン」を狙って、糖がくっつきます。

コラーゲンは元々、透明ですが、糖化することで黄色く変色してしまい、肌のくすみの原因になります。

その結果、お肌が老けて見えてしまうのです。

甘いものは、美肌の天敵とも言えますね・・

【スポンサードリンク】

甘いものはどれくらいの量なら食べても平気?

◇糖分たっぷりのお菓子やケーキ、アイスクリームなどばかり食べていると、甘いものを食べ続けないといられない「糖質依存」や「砂糖中毒」の状態に陥ることもあります。

糖分の摂り過ぎは、老化につながるだけではなく、糖尿病や低血糖症、記憶力の低下やイライラの原因など身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

ですが、人間にとって糖分は、生きていく上で欠かせない物質でもあります。

一度に大量の糖分を摂取するような食べ方はしないことが大切です!

◇糖分の1日の摂取量の目安は、厚生労働省の摂取量の基準というものを参考にすると、総カロリー量の50~70%を糖質で摂るのが良いとされています。

一般的な成人の摂取カロリーの目安は、だいたい1800kcal~2200kcal前後ですので、砂糖1g=約4kcalとして計算していくと、100~300g位が1日の目安となります。

例えば、お茶碗1杯のごはん約55g、いちごのショートケーキ約50g、板チョコ1枚約39gの糖質が含まれています。

糖を食事で摂取することも考えると、やはりお菓子等の甘いものはほどほどにして、食べ過ぎには注意しないといけませんね。

いつまでも若く美しくいるために・・

甘いものが大好きな人にとって、お菓子やスイーツを食べるのを完全にやめることは、なかなか難しいと思います。

無理に我慢するとかえってストレスになることもあるので、週末のみ自分へのご褒美に食べるなど工夫しましょう。

甘いものを食べることが毎日の習慣となって、ついつい食べ過ぎてしまうと、確実にお肌や身体の老化の原因になってしまいます。

そのことを忘れずに、いつまでも若々しく美しく保っていられるよう、適度な量を心掛けるようにしましょう☆!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ