アナと雪の女王フジテレビのエンディング動画が酷い?炎上の理由!

ディズニーの『アナと雪の女王』がついに
3月4日フジテレビで地上波初放送されました。

大ヒット映画の地上波登場に話題でしたが、
そのエンディングを見た視聴者からは、
「ひどい」「残念すぎる」
などと批判が殺到してしまい炎上状態に・・

一体どんなエンディング動画
批判殺到の理由とは?

【スポンサードリンク】

アナと雪の女王フジテレビのエンディング動画が酷い?炎上の理由!

■世界中で大ヒットを記録し、
ディズニー映画の名作の一つとなった『アナ雪』。

映画の中で流れる曲にも注目が集まり、
大流行しましたね。

子どもから大人までファンの多いアナ雪が
ついにフジテレビで地上波初登場!

放送前より楽しみに期待していた人々が多く、
お家で見ていた方も多かったようです。

■しかし、ノーカット放送と謳っていたにもかかわらず
歌手のMay J.が歌う「Let It Go」
(レット・イット・ゴー~ありのままで~)の
エンディングは、大幅カットされていたのです。

本編はノーカットで進行したものの、
エンディングシーンではスタッフロールはなく、
「みんなで歌おう!Let’s sing together! Let it go!」
といった企画に差し替えられていました。

子どもたちを中心とした素人投稿動画や、
映画宣伝で出演した菅田将暉さん、
めざましテレビの出演者などが登場するという
まさかのエンデイングに・・

■さらに、そこで流れていた「Let It Go」は、
本来のエンディングで流れるMay J.版ではなく、
挿入曲として流れる松たか子さんバージョン。

「みんなで歌おう!」終了後にCMを挟み
20秒間だけスタッフロールが早回しで放送され、
May J.版がかかったのはこのわずかな間だけでした。

驚きの演出に、視聴者からは
「映画の余韻をぶち壊し」「May Jがかわいそう」
などと批判の声が殺到したというわけです。

※問題のエンディング動画はこちらから↓

【スポンサードリンク】


https://twitter.com/temi_012/status/838054210784526336

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ