暑い夏にエアコンが効かない・・壊れた?と疑う前に確認するべきチェック項目!

air-conditioning
夏が近づき、暑い日が続くと「今年もエアコンをそろそろ付けようかな」と思い、スイッチをON。

しばらく経って「あれ?運転してるはずなのに、エアコンが全然効かない・・暑いまま・・」なんて経験は、ありませんか?

ひょっとして壊れた!?と思ってしまいますが、故障とは限りません。

壊れたかもと疑う前に、チェックしていただきたいポイントがあります!

知っているだけで、万が一に備えられますよ♪

焦らず冷静に対処できるよう、エアコンが効ないときに確認すべきことをお伝えいたします!!

【スポンサードリンク】

暑い!エアコンが効かない!壊れた?

◇暑い日にエアコンがなかなか効かないと、故障したのかと焦ってしまいますよね。

基本的に冷房の場合、エアコンの室内機の吸込温度と吹出温度の差が、8度以上あれば、エアコンの運転は正常です。

エアコンが効かない時に考えられるのは、外が暑すぎて室内の温度が上がってしまい、エアコンを運転しても部屋が冷えない状態、もしくは何らかの原因でエアコン自体の効きが弱くなっているのかもしれません。

◇また、エアコンがなかなか効かないのは、室内の保温効果だけでななく、室外機の問題の可能性もあります。

下記のチェック項目を確認していきましょう!!

エアコンが効かない時のチェック項目

  • 室内の温度が上がり過ぎていませんか?
  • 部屋の温度がも高すぎる状態では、エアコンの効きが悪くなってしまいます。
    カーテンやすだれなどで日光を遮断し、同時に扇風機を回すなど工夫して室内温度を下げましょう。

  • フィルターのお手入れはしていますか?
  • エアコンのフィルターは、本来2週間~1ヶ月のペースで掃除するのが望ましいと電気屋さんが言っていました。
    フィルターにほこりが溜まって、エアコンが効かなくなることもあるので、掃除機で吸い取るか、水洗いをしましょう。

  • 室外機が異常に熱くなっていませんか?
  • 室外機の置いてある場所は需要です。直射日光があたっていれば専用のテントなどで日陰をつくるようにし、室外機の前に物を置いている場合は、物を移動させ風通しを良くしましょう。室外機周りに、打ち水をして冷やすことも効果的です。

  • 室外機のお掃除はしていますか?
  • 見落としがちですが、エアコンの本体は室外機です!(室外機の裏のフィンに風が当たり冷やすことで、エアコンが冷たい風を室内に送っています。)室外機の裏のフィンを、ホースの水で勢いよく流して汚れを落とせばOKです。

【スポンサードリンク】

それでもやっぱりエアコンが効かないときは?

◇チェック項目を全部確認してみても、エアコンが効かない場合は、故障していることも考えられます。

また、エアコンは室内を冷やす為にガスを使っているのですが、エアコン本体もしくは室外機が、ガス漏れを起こしている可能性もあります。

エアコンを運転させて20分後位に、エアコン内部にあるフィン(熱交換器)や、室外機の細いパイプに霜が付着している場合は、ガス漏れの可能性が高いので、業者に見てもらいましょう。

◇暑い夏を乗り越えるには、エアコンを快適に使いたいですよね!

エアコンが効かないからと言って、設定温度をどんどん下げてしまっては、エネルギーの無駄遣いです。

フィルターの掃除は面倒に思ってしまいがちですが、放置しているとカビが繁殖してしまうこともあるので、お手入れはしっかり定期的に行うことが大切です。

エアコンが効かないと感じたときは、焦らずに、まずは自力で出来ることをお試しください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ