ごるスタ(ゴルフスタジアム)破産?ゴルフレッスンプロ被害者続出

港区のゴルフスタジアムという会社が
提供している『ごるスタ』というウェブサイト。

突如ゴルフスタジアムからの入金が止まり、
1000人を超えるゴルフ練習場のレッスンプロが、
多額の借金を背負わされ、破産の危機だそうです。

一体どういった仕組みだったのでしょう?

【スポンサードリンク】

ごるスタ(ゴルフスタジアム)破産?事件の詳細とは?

この「ごるスタ」がどのような仕組みだったかというと
まず、ゴルフ練習場やレッスンプロに無料でウェブサイトを作成すると提案し
実際にウェブサイトを無料で作ります。
ただ、そのウェブサイトを納品する段階で
ソフトは買取で支払いは
クレジットカードでの引き落としにして欲しいともちかけてきます。

その話を聞いて
顧客は「無料だと言っていたのに話と違うじゃないか」となりますが
そこでゴルフスタジアムは広告契約を提案してきます。
作成したウェブサイトに広告を掲載し
その広告料でクレジットカードの毎月の支払いをすれば
実質無料になるという謳い文句です。
この広告自体はゴルフスタジアムが営業をかけてくれ
万一広告が取れない場合は
ゴルフスタジアムが広告主となり広告料を負担してくれる
というわけですから顧客にとっては
確かに実質無料でウェブサイトを作成できるということになり
人気を博していました。

これは一見するとかなりお得なように見え
それ故に多くの人たちが実際にウェブサイトを作成してもらい
クレジットカードで契約をしてしまっていたのですが
ゴルフスタジアムから支払われる広告収入をあてにして
信販会社にクレジットカード払いをするという仕組みであるために
一旦、ゴルフスタジアムからの支払いが止まってしまえば
クレジットカード払いができなくなり多額の負債を抱えてしまうという
問題点を孕んでおり
結局この懸念していた状況になってしまったというわけです。

【スポンサードリンク】

ごるスタ事件に対する世間の声

今回のごるスタ事件は
過去に炎上→サービス終了となった
中高年専用SNSアプリ「ゴールスタート」ことゴルスタと同じ名前であることから
ゴルスタという名前がやばいとネタになっているようです。
確かに同じ名前の別のサービスがどちらも事件を起こしていれば
話題になるのもわかります。

まとめ

今回、多くの方がごるスタ事件の被害にあってしまいましたが
なぜこんなソフトウェアに500万や800万といった大金を
支払ってしまったのかと考えた時に
大きく分けて3つ原因があると思います。

一つ目は実質無料
二つ目は実際に周りの多くのレッスンプロが何年もに渡り広告収入が支払われていた
三つ目はレッスンプロは体育会系の世界であり、先輩に紹介されたら断りづらい

このような色んな原因が重なり
多くの方が被害にあってしまい
このままだと破産してしまうと嘆くレッスンプロが多い現状ですが
事情を説明しクレジットカードの支払いを止めてもらうと宣言している人も多く
もしかしたらその後の支払いをしなくともよいかもしれないので
最後まで諦めずに戦って欲しいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ