牛乳の賞味期限切れ!未開封と開封済みはいつまで大丈夫?

「冷蔵庫の中の牛乳、気が付けば賞味期限が切れてしまっていた!」

なんてことはありませんか!?

牛乳は元々賞味期限も短いものですし、賞味期限切れになってしまった経験のある人も多いと思います。

私自身も少しくらい賞味期限が切れていても大丈夫かな?と思ったこともあるのですが、実際いつまでなら飲んでも大丈夫なのでしょうか?

やはり、未開封か開封済みなのかによっても異なってきます。

そこで、牛乳の賞味期限切れしてしまった場合いつまで飲むことができるのか、未開封の場合と開封済みの場合に分けてご説明いたします♪

【スポンサードリンク】

賞味期限切れの牛乳、未開封ならいつまで飲んでも大丈夫?

そもそも「賞味期限」というのは美味しく食べたり飲んだりすることのできる期限ですので、少々過ぎたからといって急に食べたり飲んだりできなくなるわけではありません!

ですので牛乳に記載されているのが「賞味期限」の場合は、表示されている方法で保存していて未開封であれば2~3日過ぎてしまっていても飲んでも大丈夫な場合が多いかと思います。

ただ季節や保存方法などによっても、安全に飲める期間は変わってきます。

賞味期限を過ぎた日数で判断するのではなく、牛乳に下記のような異常がないか確かめてから飲むようにしましょう。

  • 白いツブツブがある
  • 色が黄ばんでいる
  • ドロッとしてヨーグルト状になっている
  • 苦味や酸味などがあり普段と味が違う
  • 白いツブツブがある

以上のような異常があった場合は、賞味期限などに関わらず飲むのをやめておきましょう。

また、記載されているのが「消費期限」であった場合、その期限は安全に食べたり飲んだりすることのできる期限であるため、過ぎてしまったものは飲まない方が良いでしょう。

開封済みの場合はいつまで飲めるの?

先程は未開封であった場合についてお話ししましたが、開封済みであった場合はいつまで飲んでも大丈夫なのでしょうか?

そもそも牛乳の賞味期限は未開封であった場合の期限ですので、開封してしまった場合はいくら賞味期限内でも安全に飲めるわけではありません。

牛乳自体栄養価が高く、空気中の雑菌などが入ってしまうと増殖しやすいため、開封してしまったものはできるだけ早く飲んでしまいましょう。

開封後はだいたい2、3日以内に飲むのが良いとされています。

また、これも季節や保存方法によっても異なってくるので、牛乳に先ほどお話ししたような異常があった場合は飲むのをやめておきましょう。

【スポンサードリンク】

おすすめの保存方法は?

賞味期限が短かったり、開封後は日持ちがしない牛乳ですが、少しでも長持ちさせて無駄なく使ってしまいたいですよね。

おすすめの保存方法をいくつかご紹介します。

  • 買ったらできるだけ早く冷蔵庫に!
  • 牛乳には10℃以下で保存と記載されています。
    購入後もできるだけ早く冷蔵庫に入れるようにしてください。
    冷蔵庫に入れるまでに時間がかかってしまう場合は保冷バックを持参するなど工夫をして牛乳の温度が上がらないようにしましょう。

  • 冷蔵庫の中央に入れよう!
  • 牛乳は冷蔵庫の扉の部分に入れている方も多いかと思いますが、扉の開け閉めで温度変化しやすい場所でもあります。
    温度変化の少ない冷蔵庫の中央に入れておくのがおすすめです。
    また周りに温かいものを置いてしまうと温度が上がってしまうので、注意が必要です。

  • 注ぎ口を触らない!
  • 牛乳は菌が繁殖しやすいので、パックの注ぎ口に直接口をつけて飲まないようにするのはもちろん、触れないようにしましょう。

  • しっかり閉じてすぐ冷蔵庫に!
  • 開封後は保存時にしっかりパックの注ぎ口を閉じて、できるだけ空気に触れないようにしてください。
    また常温では菌が繁殖しやすいので、すぐに冷蔵庫にしまいましょう。

  • 使い切れないときは冷凍保存!
  • 牛乳を賞味期限内や開封後すぐに使い切れそうにない時は、早めに冷凍しておくことで冷蔵時より日持ちさせることができます。
    製氷皿に入れて冷凍させることで、コーヒーや紅茶に入れてカフェオレやミルクティにしたり、お料理に使うことだってできます。(冷凍すると風味が変わってしまうので、そのまま飲むことはおすすめしません。)

ご家庭でぜひお試しください☆

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ