貧血の人がコーヒーを飲むのはだめ?飲みたいときはこれ!

「貧血の人はコーヒーを飲むのはだめ」という話を耳にしたことはありませんか?

貧血のつらい症状でお悩みの方は、ひょっとしたらコーヒーの飲み過ぎが原因かもしれません。

コーヒーを毎食後飲むのが習慣という方もいますよね。

私もコーヒーが大好きで、毎日どうしても「コーヒーを飲みたい」という衝動にかられ、カフェイン中毒になるぐらい飲んでいた時期もありました。

そして知らぬ間に、貧血がどんどん悪化するという悪循環から抜け出せず入院する事態に・・

そこで、お医者さんから「コーヒーは控えて」と忠告を受けました。

一体なぜ貧血の人がコーヒーを飲んではだめなのでしょう?

貧血とコーヒーの関係性と、貧血でもコーヒーを飲みたいという人におすすめの飲み物をご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

貧血の人がコーヒーを飲むのはだめ?

■貧血でお悩みの人は『鉄欠乏性貧血』の場合が多いです。

名前の通り、鉄分が不足することで様々な身体の不調が起きます。
詳しくはこちらの記事で↓
貧血の人は目が真っ白?瞼の裏の色で貧血度チェック!
貧血の人は氷が食べたくなるのはなぜ?妊婦の方は要注意!!

私が重い貧血状態で入院した際に、お医者さんから聞いた話によると、コーヒーに含まれている成分「カフェイン」「タンニン」「クロロゲン酸」が鉄分の吸収を阻害してしまうということでした。

そのため、特に食後30分は、コーヒーを飲むことを避けるようにと言われました。

せっかく食事で鉄分を体内に取り入れても、吸収されないと意味はなく、一向に貧血は改善されないという訳です。

貧血の人や貧血気味の人は、意識するようにしましょう!

■また、緑茶にもタンニンが含まれているのは有名ですね。

緑茶は食事中や食後に飲む機会が多いと思いますが、こちらもやはり、鉄の吸収を阻害してしまいます。

貧血症状がある方は、緑茶を毎日何杯も飲んだり、濃い緑茶を飲むことも控えた方が良いでしょう。

【スポンサードリンク】

飲みたいときはこれ!

■貧血にコーヒーが悪影響ということは分かっても、どうしてもコーヒーを飲みたいときはありますよね。

実は、カフェイン、タンニン、クロロゲン酸といった成分は、煎れば煎るほど減少する傾向にあります。

ですので、食後にコーヒーを飲みたい場合は、鉄分の吸収を妨げないよう、高温で煎った豆の『深煎りコーヒー』選ぶようにしましょう。

また、ノンカフェインの「タンポポコーヒー」や、「ディカフェ」「カフェインレス」のものなら安心して飲めます。

■その他に、おすすめの飲み物は「ルイボスティー」です。

こちらは、ノンカフェインなおかつタンニンの量も少なめです。

「麦茶」や「ほうじ茶」「番茶」なども、お茶の中では比較的タンニンが少ない方です。(反対に「紅茶」や「ジャスミン茶」は、コーヒーに続いてカフェイン・タンニンが多めな為、気を付けましょう。)

貧血に効果のある飲み物

■貧血に効果のある飲み物の条件は以下の通りです。

①鉄分の吸収を阻害する成分が入っていないもの!
②鉄分が豊富なもの!
③鉄の吸収を促進する成分が入っているもの!

(ビタミンやクエン酸は鉄の吸収を促してくれます。)

条件にあてはまる「アサイージュース」「ココア」などは、貧血予防におすすめですよ。

貧血気味の方は貧血が悪化しないよう、ぜひ飲み物にも気を付けてみてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ