貧血が原因で苦しんでいる人は非常に多いです。

私も重い貧血症状を患ったことのある一人。

めまいや頭痛、吐き気などその症状はとても辛く、日常生活に支障をきたします。

実際私もそうでしたが、自分が貧血であることに気付かず症状が進み、重症化してしまうことはよくあります。

貧血状態をチェックするには、瞼の裏の色を見ると良いとお医者さんに聞きました。

貧血の人は突然、目の前が真っ白になったり、下瞼をめくると瞼の裏が真っ白だったりします。

経験上、特に真夏と真冬は症状が悪化するので、「最近フラフラめまいや立ちくらみがするし、なんだか疲れやすいな・・」と心当たりのある方は要注意です!

早めに身体のSOSに気付けるよう、貧血のセルフチェック法をご紹介いたします!

貧血の人は目が真っ白になるのはなぜ?

■女性に多いのが『鉄欠乏性貧血』です。

赤血球の主原料となる鉄が不足することで起こる貧血です。(貧血全体の7割が鉄欠乏性貧血であるとされ、最も頻度の高い貧血。)

鉄分が不足すると、赤血球をつくれなくなり、赤血球中のヘモグロビンの量が減少します。

人間の血液が赤いのは、赤血球=ヘモグロビンによるものです。

貧血状態に陥ると、このヘモグロビンが減少するため、顔色や肌の色、爪や唇の赤みが消えてしまい、青白く見えるという訳です。

目の色(瞼の裏の色)は、その状態をはっきりと表します。

ちなみに私は、自分が貧血であることに気付かず放置していたため、入院する事態に発展してしまい、その時の瞼の色は赤みなど一切なく、気持ち悪いぐらいに真っ白でした・・

瞼の裏の色で貧血度チェック!

■目は、健康のバロメーターであり「心の窓」とも言われています。

貧血の度合いも、瞼の裏の色を見ると一目瞭然です。

アッカンベーをするような感じで下瞼を引っ張ってみてください。

健康な人は、めくった下瞼の色が「ピンク~薄い赤色」です。

下瞼の色が白ければ白いほど、貧血が起きている証拠です。

女性は特に貧血になりやすいので、日頃から瞼の裏をチェックして、貧血予防を心掛けましょう。

▼鉄分を簡単に摂取したいときは▼

▲貧血改善おすすめサプリメント▲

こんな症状が出たら貧血の可能性大!

■血液によって、充分な酸素や栄養が運ばれていない状態を貧血と言います。

血液が少なくなると、身体の中に酸素を運ぶ役割を果たしている赤血球(ヘモグロビン)が減少し、酸欠になってしまうことで、様々なつらい症状を引き起こします。

貧血が起きると突然視界が真っ白になることがあるのも、脳が酸素不足になっていることが原因です。

以下のチェック項目にほとんど当てはまるという方は、貧血の可能性が高いと思いますので、一度病院で血液検査をすることをおすすめします。

  • フラフラとめまいや立ちくらみがする
  • 息切れや動悸が頻繁に起きる
  • 身体がだるい、重い、疲れやすい
  • 頭痛がする、頭がボーッとする
  • 気持ちが悪い、吐き気が起きる
  • 朝起きれない、一日中眠気がする
  • 首や肩がこっている
  • 髪の毛が抜けやすい
  • 爪が反り返ったり、割れやすい
  • 寒気を強く感じる
  • 氷が異常に食べたくなる
  • ※氷の件に関してはこちらの記事に詳しく書いておりますので、ご確認くださいね。→貧血の人は氷が食べたくなるのはなぜ?妊婦の方は要注意!!

■貧血状態を放置していると、心臓に負担がかかってしまったり、重大な病気の兆候である場合などの危険性もあります。

少しでも身体の異常を感じたら、早めに病院へ行き、貧血改善に努めるようにしましょう!

※こちらの関連記事もご参考に↓
貧血の薬は病院で処方される?効果は?オススメのサプリも紹介!
貧血の人がコーヒーを飲むのはだめ?飲みたいときはこれ!

▼サプリメントで鉄分を補うのもあり▼

▲今なら630円でゲット!返金も可能▲