Help written with Sun Cream on a Woman's Shoulder
日差しの強い季節、日焼けに悩まされる人も多いのではないでしょうか!?

昔より紫外線量が増えてきている今、ちょっと出掛けただけでも日焼けしてしまった・・なんてこともありますよね。

プールや海やBBQなど長時間外にいると、激しく日焼けしてしまい、肌が痛くなることも。

日焼けして痛い時の治し方や、正しい対処法を知っていますか?

また、その対処法として家庭によくある「湿布」や「冷えピタ」は効果があるのか気になったことはありませんか?

そこで、日焼けが痛い時の治し方・対処法について、そして湿布や冷えピタは効果があるのかについて調査いたしました!

【スポンサードリンク】

日焼けして肌が痛い時

肌が日焼けしてしまっている状態というのは、軽い火傷をしてしまったような状態になっています。

火傷のように肌に炎症が起きてしまっているので、熱を持って触ると熱くなっていたり、ヒリヒリと痛んだりします。

そんな状態の肌に必要なことは、冷やすことと保湿することです!

日焼けしてしまったときは、そのあとの適切な対処で、肌を冷やして保湿してあげることがとても大切!

そのままにしてしまうと、もっと痛みが続いてしまったり、熱を持った状態なので水分も蒸発して乾燥肌になり、肌の老化を招いてしまうかもしれません。

具体的な痛みの治し方や対処法について下記でご紹介しますので、将来の美肌のために、日焼けしてしまったときはできるだけ早めの対処を行っていきましょう!

具体的な治し方と対処法

では、具体的な日焼けしてしまった肌の痛みの治し方と対処法についてご紹介していきます☆

  • まずは冷やす!
  • まず日焼けしてしまったときは、火傷と同じでできるだけ早く冷やしてあげましょう。氷や保冷剤を直接肌にあてるのは冷たすぎるので、濡らしたタオルや、タオルで氷や保冷剤を使用すると良いです。
    また、日焼けの範囲が広い時は、冷たいシャワーをあてたり水風呂に入って冷やしてください。
    外出先などですぐに氷などがないときは、冷たいペットボトル飲料などで冷やすのでも応急処置になります。

  • 保湿する!
  • 日焼けしてしまった肌はとても乾燥しやすい状態なので、冷やしたあとはしっかり保湿してあげましょう。軽い日焼けの場合は化粧水などで十分ですが、日焼けが酷かったりそれだけでは乾燥が気になるときは、ワセリンやクリーム、軟膏を使って肌を保護すると良いです。
    また、肌が敏感な状態のため、成分によっては痛みが増してしまったり、炎症が酷くなってしまうこともあります。
    そんなときは肌に刺激の少ない白色ワセリンなどで皮膚を保護するだけにしたり、病院で診てもらうようにしましょう。

  • アロエを塗る!
  • 昔から火傷をしたときにはアロエと言いますが、日焼けにもアロエは効果的です。アロエの入ったジェルやクリームを塗って保湿することで、肌の炎症を抑えてくれます。(こちらも肌を冷やした後に使用しましょう)

  • 温めたり、刺激をあたえない!
  • 日焼け後は温かいシャワーを浴びたり、お風呂につからないようにしましょう。
    また肌をゴシゴシと擦ったりしてもいけないですし、衣服もできるだけ日焼けした部分に擦れないものを選びましょう。

【スポンサードリンク】

湿布や冷えピタは効果があるの?

日焼けしたときは冷やすことがとても大切ですが、湿布や冷えピタを貼ることは効果があるのでしょうか?

■まず、湿布についてですが、冷湿布の場合、貼ると冷たく感じるかと思います。

ですが、湿布は打撲などの炎症を鎮める効果があるもので、皮膚の炎症を鎮めるものではありません。

あくまで湿布を貼ると冷たく感じているだけで、実際に肌が冷えているわけではないので、効果はありません。

■では、冷えピタはどうでしょうか?

冷えピタの場合は熱を吸収して外に放出する効果があり、日焼けで火照った肌も冷やしてくれるのかもしれませんが、それ以前に「皮膚に異常があるときには使用しないでください」などといった注意書きがあります。

日焼けをしている皮膚は炎症が起きて敏感になってしまっていることが多いので、冷えピタを貼ることによってそれが刺激になってしまう可能性があります。

■そのため、日焼けしてしまった肌に湿布や冷えピタを使用することはおすすめできません。

やはり、水などで冷やすのが良いですね。

大事なお肌を守るために、適切な対処を行うようにしましょう!

こちらの関連記事もご参考に↓
顔の日焼け止め塗り直しのタイミングって?塗り方のコツ!

【スポンサードリンク】