af9920042558l
子育て真っ最中のママたちは、毎日毎日休む暇もなく、疲れ果ててしまうこともありますよね。

子育ての悩みや不安を、1人で抱え込んでしまうママも多いのではないでしょうか。

そこで、最近育児疲れがとれない・・とお悩みのママに、簡単にできるリフレッシュ方法をご紹介いたします☆

育児ストレスを感じているとき、疲れがとれないときに、ぜひお読みいただきたい内容です!!

日々のイライラを少しでも解消して、気分をリフレッシュしましょう☆!

【スポンサードリンク】

育児疲れがとれない・・

◇まだ幼いお子様がいるママは、毎日我が子から目を離すことが出来ないので、育児疲れを感じることも多いです。

子育てに一生懸命になっていると、睡眠不足になることも多く、がんばっても思い通りにいかずイライラしてしまったり、心身ともに疲れてしまいますよね。

心に余裕がなくなってしまい、ふとした時に疲れがどっと出て、旦那に強くあたってしまった・・という経験がある方もいらっしゃると思います。

◇特に、付きっ切りで赤ちゃんのお世話をしなくてはいけない新生児期の間や、1歳半過ぎぐらいから訪れるイヤイヤ期には、育児疲れのピークを感じてしまうママが多いのが現状です。

子どもと言葉でコミュニケーションをとることができないうちは、意思を汲み取れず泣き声にプレッシャーを感じたり、自分を責めて気付いた時にはうつ状態に陥ってしまうこともあります。

そんなママの気持ちに寄り添ってくれる人が周りにいれば、1人でいっぱいいっぱいになることもあまりないかもしれませんが、実際のところ、育児のストレスから解放されたい!と思う瞬間があるのも本音ですよね。。

育児疲れをリフレッシュしよう☆

◇一日中、育児をがんばるママたちにも、ホッとできる息抜きの時間は必要です!!

自分でできるリフレッシュ方法を試してみてくださいね♪

◎ウォーキングなどの有酸素運動で汗を流し、心身ともにストレス発散しよう!

太陽の光を浴びながらお子様と一緒に歩いて公園へ行ったり、ベビーカーでのお散歩も効果的です。
家に引きこもりっきりにならないよう、少しでも外へ出かけましょう。

◎リラックスタイムにはココアを飲もう!

ココアに含まれるカカオポリフェノールは、ストレスによって増加するホルモンの分泌を抑える働きがあります。
カフェインと似た成分でもあるテオブロミンは、自律神経を整える作用もあるそうです。

◎ママ友と悩みを共有したり、気を許せる仲間と交流しよう!

人と触れ合うことで、脳の神経伝達物質のひとつでもあるセロトニン神経が活性化します。
セロトニンが分泌されると、落ち着きや心地よさを感じることができます。

◎思い切って1人の時間をつくろう!

旦那様やご両親に協力してもらい、たまにはゆっくりできる1人の時間をもつことも大切です。
少しの時間でもいいので1人になってリラックスし、心を落ち着かせてください。

◎夫婦2人の時間も大切に!

ママが育児に疲れ切ってしまう原因の1つに、夫が育児に協力してくれないということが挙げられます。
ストレスを1人で抱え込まないよう、お子様が寝ている時間に夫婦2人で話す時間をつくり、悩みを共有しましょう。

【スポンサードリンク】

子育てを楽しもう♪

◇子育てに自信がもてない・・もう限界かも・・そんな風に思ってしまった時は「こんなに長い時間この子のそばに寄り添って、ずっと一緒にいられるのは、今だけしかない!!」と考えてみてください。

子どもはいつの間にか大きくなって、自立していくものです。

そう思うと、乳幼児期のお子様と過ごせる限られた時間は、かけがえのない宝物ですよね☆!

今しかないこの瞬間を大切に、一喜一憂しながら旦那様と共に、子育てを楽しんでください♪

【スポンサードリンク】