JALF(宿泊施設活性化機構)がてるみくらぶ内定取消者を雇用へ!

先日倒産したてるみくらぶ
今年の4月から入社予定だった内定者約50名が
全員内定取り消しにあってしまったという
なんとも可哀想なニュースが世間を騒がせていますが
そんな悲惨な内定者達に救いの手を差し伸べる財団法人が登場しました!
その財団法人こそがJALF(宿泊施設活性化機構)です。

なんと、JALF(宿泊施設活性化機構)
てるみくらぶ内定者50名の中で入社を希望する人には
全員無選考で内定を出すと表明しました。

これは信じられないぐらいの神対応ですね!
内定者の中には既に地方から東京へ引っ越しをしてしまっている人も多く
今後どうしたらいいのか途方に暮れてしまっていた人も
たくさんいたでしょうから
内定者からしたらこれほど嬉しいことはないでしょう。

ではなぜ、てるみくらぶと無関係な
JALF(宿泊施設活性化機構)が今回このような神対応を表明したのか?
そもそもJALF(宿泊施設活性化機構)とはなんなのか?
ということが気になったので詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

JALF(宿泊施設活性化機構)とは?

・JALFの略と本社所在地は?
Japan(日本)
Accommodation(もてなすこと)
Lodging(宿泊施設)
Foundation(財団)

の頭文字を取った名称で
東京都港区虎ノ門に本社を構えています。

・JALFの事業内容は?
旅館やホテルなど日本の宿泊業の黒字化を
サポートすることを目的とした会員制公共団体。
財団法人ではありますが、公的な組織ではありません。

・JALFの給与体系は?
正社員(健康保険共済年金雇用保険労働保険加入)総給与額140,000円~350,000円
契約社員(雇用保険労働保険加入)総給与額150,000円~380,000円
アルバイト(時給制各種保険加入なし)総給与額180,000円~400,000円
※報酬は金銭的対価が主体ではなく、知識や人脈などのナレッジが対価の主体となります。

と、結構ブラックな予感がしますね。
ただ、給料よりも自身の成長に重きをおける人であれば
入社するのはいいかもしれないですね。

【スポンサードリンク】

JALF(宿泊施設活性化機構)の神対応を受けて世間の反応は?

世間の反応は賛否両論といった感じですね。
神対応であることは間違いないけれど
やはり給与体系の書き方に引っかかる人が多いようです。

まあいずれにせよ、てるみくらぶの内定者にとっては
またとないチャンスをいただけたわけなので
しっかりと考えて
入社するべきか否か判断してほしいものですね。

関連記事
てるみくらぶ倒産?格安旅行業者が事業停止で今後どうなる?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ