興行収入100億円突破の大ヒットアニメーション映画
「君の名は。」にてヒロイン・三葉の声を担当している
上白石萌音(かみしらいしもね)さん。

女優業そして声優デビューも果たした彼女ですが
なんと、まだ18歳の女の子。

さらには「歌も上手い!」ということで
名作映画の主題歌・挿入歌をカバーし
ミニアルバムで歌手デビューすることに!

彼女の魅力とは一体・・?
気になるその歌声は・・?

【スポンサードリンク】

上白石萌音さんはどんな人物?

■上白石 萌音(かみしらいし もね)
・1998年1月27日生まれ
・鹿児島県 鹿児島市出身
・第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』で審査員特別賞
・趣味・特技は読書や音楽を聴くこと、歌うこと、踊ること

二歳下の妹・上白石萌歌(かみしらいし もか)ちゃんも、
同じく東宝シンデレラオーディションにて
最年少グランプリを受賞しています。

姉妹そろって芸能の世界で活躍とはスゴイですね!
ちなみにお父様は教師、お母様はピアノの先生だそうです。

お母様のお腹の中にいる頃から
音楽に囲まれた環境で育ったということで、
歌の才能があるのも納得ですね。

※気になる彼女の歌声はこちら↓

【スポンサードリンク】

「君の名は。」声優初挑戦から歌手デビューも決定!

■声優として見事にヒロイン役を務めた彼女が
歌手として映画の主題歌や挿入曲を歌ったカバー集
『chouchou』が10月5日発売予定で、早くも注目が集まっています。

RADWIMPSが担当した「君の名は。」の主題歌4曲の中の1曲
「なんでもないや(movie ver.)」もカバーしており、
ピアノとストリングスに乗せた伸びやかな歌声を披露。

映画に続き、こちらもヒット間違いなし♪

今後の活躍も楽しみですね!!

【スポンサードリンク】