今年2月下旬に慶應義塾大学の
男子学生が、テニスサークル
春合宿の飲み会後に緊急搬送され、
死亡する事故が発生。

死亡事故が起きた団体は
「ポニーテニスクラブ」という
テニサーのようですが、
一体何があったのでしょう!?

【スポンサードリンク】

■慶應大では、過去にも飲み会での
飲酒死亡事故が発生しています。

そんな中、今年2月にも
サークルの合宿飲み会で男子学生が
死亡する事故が発生。

大学側がホームページ上で
告示を出しています↓

■今回の事故は、約70人が参加する
サークルの春合宿の飲み会で起きました。

ネット上の情報によりますと、
「ポニーテニスクラブ」というテニサーですね。

亡くなったのは成年の男子学生ということで、
どうやら新入生ではないようです。
(5回生との情報も)

事故発生後、こちらのサークルは
無期限活動停止となっています。

すでにFacebookや、Twitterの
アカウントは削除済みでした。

【スポンサードリンク】

■飲酒の強要や一気飲みがあったのか
など具体的な状況については、
まだ明らかにされていません。

「男子学生が体調を崩したため、
応急措置を取った上で救急車を呼んだが、
のちに亡くなった」と
学生側は話しているようですが、
詳しい状況は当事者しか分からないですね。

若者のこのような悲しい飲酒事故が
無くなることを願います。

【スポンサードリンク】