乃木坂46の姉妹グループとして結成した
アイドルグループ『欅坂46』
10月22日ハロウィンライブで着用した衣装
問題になっているようですね。

「ナチス・ドイツの制服と酷似している」などと
ネット上で批判の声が上がり、
海外メディアが報じたことで、
世界中に広まってしまったようです。

WCのアブラハム・クーパー副館長は
「この不適切かつ深刻に侮辱的な呈示に対して、
ソニー・ミュージックとグループのプロデューサー
秋元康に謝罪を求める」
と声明を発表したそうです・・

問題のその衣装の画像とは!?

【スポンサードリンク】

欅坂46のナチス風衣装とは?画像公開!

■クーパー副館長は
「10代の若者がステージと観客席で
ナチス風のユニフォームで踊っていることは、
ナチスによる虐殺の被害者にとって多大なる苦痛だ」
と批難しているということです。

※問題となっている衣装はこちら↓


10月22日に横浜アリーナで行われた
『PERFECT HALLOWEEN 2016』で
彼女達はこの衣装でパフォーマンスを行いました。

■一方で、10月31日に行われた
『ハロウィン音楽祭』では
こちらの衣装に替えていますね。

【スポンサードリンク】

やはり批難が殺到し、
大事になってしまったからでしょうか。

■乃木坂46に続き、
デビュー曲『サイレントマジョリティー』の
大ブレイクで一躍有名になった欅坂46。

これからさらに上のステージへ・・という
大事な時期に、思わぬ事から
問題が起きてしまいました。

彼女達をプロデュースしている
周りの大人達の配慮が
足りなかったのかもしれないですね。

【スポンサードリンク】