potatostarch

小麦粉と片栗粉、見た目はほとんど同じですがその違いは何なのでしょう?

成分は異なるのでしょうか?

から揚げなどの揚げ物を作るとき、小麦粉と片栗粉どちらを使ったら良いのか悩む方もいらっしゃいますよね。

そこで、見た目の似ている小麦粉と片栗粉について、成分の違いや、料理の仕上がりの違いについても調査しました!

【スポンサードリンク】

見た目は同じ小麦粉と片栗粉!成分の違いは?

見た目はほとんど同じ、小麦粉と片栗粉ですが、成分にはどんな違いがあるのでしょうか?

まずはそれぞれの成分についてご紹介します。

【小麦粉】

「小麦粉」という名前の通りですが、小麦を挽いて粉にしたものです。

成分の7~8割はデンプンが占めていて、1割前後のタンパク質も含まれています。

このたんぱく質の割合によって、小麦粉の中でも「薄力粉」「中力粉」「強力粉」と分かれています。

お菓子や天ぷらなどに使われる「薄力粉」はタンパク質が8.5%以下、うどんなどに使われる「中力粉」はタンパク質が9%前後、パンやピザ、餃子の皮に使われる「強力粉」はタンパク質が12%以上含まれています。

【片栗粉】

「片栗粉」とは精製されたデンプンの粉です。

かつてはユリ科のカタクリの根からとれたデンプンから作られていましたが、現在はそのカタクリの収穫量が減ってきているため、じゃがいもからとれたデンプンで作られたものがほとんどです。

成分は100%がデンプンです。

【スポンサードリンク】

小麦粉と片栗粉、料理の仕上がりの違いは?

小麦粉と片栗粉、どちらもお肉や魚などを焼いたり揚げたりするときにまぶして使われたり、とろみをつけるのに使われたりします。

ではそれぞれ料理の仕上がりにどのような違いがでるのでしょうか?

小麦粉と片栗粉、それぞれ料理に使う際にはどのような特徴があるのかご紹介します。

【小麦粉】

■小麦粉にはたんぱく質が含まれているので、片栗粉に比べると焦げやすいです。
フライパンで焼くときやとろみをつけるときなど、焦がしてしまわないように注意が必要です。

■小麦粉にはグルテンというタンパク質が含まれており、そのグルテンがやわらかい食感をつくります。(麺類がもっちりしていたり、パンがふわふわしているのは、このグルテンがあるからです。)

■揚げ物の衣に小麦粉を使うと、表面がきつね色でカリッと揚がり、中はやわらかい食感になります。

■とろみをつけるのに小麦粉を使うと、片栗粉よりも粘度が弱いので、カレーやシチューなどのとろみづけに向いています。
ただし、ダマになりやすいので注意が必要です。

■「強力粉」「中力粉」「薄力粉」によって料理の仕上がりも異なるので、料理に合った小麦粉を使用しましょう。

【片栗粉】

■片栗粉はデンプンだけで、グルテンが含まれていないので、カリッとした食感に仕上がります。

■揚げ物の衣に片栗粉を使うと、表面が白っぽく揚がり、サクサクとした軽い食感になります。

■とろみをつけるときに片栗粉を使うと、とろんしたと透明の強いとろみが付くので、あんかけなどを作るのに向いており、中華料理でよく使われます。
小麦粉よりも低い温度でとろみがつきます。

混ぜて使うのもOK!

小麦粉と片栗粉、それぞれ違った特徴があり、使い分けが必要ですね!

ですが、揚げ物などのときに混ぜて使うのもOKです♪

例えば、から揚げを作るとき、衣には小麦粉を使う人もいれば片栗粉を使う人もいますよね。

そして中には両方を混ぜて使う人もいるかと思います。

小麦粉と片栗粉、両方を使うことで中はやわらかく、外は小麦粉だけのときよりもカリッとした仕上がりになるんです。

またその混ぜる割合によっても仕上がりは異なってきます。

色々な割合を試してみて、自分好みのから揚げを見つけてみるのもいいですね♪

【スポンサードリンク】