14240

コンタクトレンズを初めて買ってみようと思っている方は、「目に入れるときって痛いの?怖いかも・・」と悩みますよね。

そんな初めてのコンタクトについての疑問にお答えいたします!

「今さら人には恥ずかしくて聞けない・・」なんて思わなくても大丈夫です!

最初にレンズを装着するときは皆、やっぱり痛い?と怖いものです。

初めてコンタクトご購入をお考えの方は、眼科に行く前に事前にイメージしておくと安心ですよ♪

コンタクト初心者の方の、疑問や不安を解決していきます!!

【スポンサードリンク】

コンタクトを初めて入れるとき痛い?怖い?

◇コンタクトレンズには、ソフトレンズハードレンズがあります。

●ソフトは、柔らかく水をたくさん含んでいるので、つけ心地が非常に良いです。
(使い捨ても有ります。)
激しく動いてもずれにくいのが特徴で、初心者の方でも装着はしやすいですが、あまり長時間の使用は出来ません。

●ハードは、水分を含まないプラスチック製の固いレンズです。
目の健康に良いとされていますが、レンズの大きさは角膜より少し小さいくらいで、慣れない間は装着時に違和感がある場合が多いです。

◇コンタクトを初めて購入する際は、眼科やコンタクトレンズ専門の販売所で必ず説明を受けます。

そこで、いきなり自分で目の中に入れるのではなく、最初は入れてもらいます。
(私の場合、怖いと思う暇もないくらい一瞬で目の中に入っていました!)

その場で痛いと感じる時は、コンタクトが目に合っていない可能性があるので、すぐ伝えるようにしましょう。

自分でコンタクトを装着するようになると、レンズが裏返っているときや、まつ毛やほこりが目に入っていたり、レンズに傷が出来てしまった場合は痛みを感じることもあります。

※多少の違和感はしばらくはあると思いますが、慣れればなくなるものがほとんどです。(異物感が気になって仕方ない場合は、購入した眼科やお店で相談してくださいね。)

【スポンサードリンク】

コンタクトをスムーズに入れるには?

コンタクトレンズをスムーズに装着するコツは、まず視線をまっすぐにして遠くを見つめるようにします。

肩の力を抜いてリラックスし、やや上を向きながらレンズを入れます。

慣れるまでは目にレンズを入れることに抵抗があったり、怖いと思って伏し目がちになりがちですが、余計に入りずらくなってしまうので、気を付けましょう。

≪コンタクト装着の手順≫
①利き手の人差し指の先に、レンズの凹面を上にのせ、レンズにキズや汚れがないかを確認します。
(裏返しになっている場合には、カーブが外側に反って見えます。)

②もう片方の手でまぶたを上下に広げながら、レンズをゆっくりと目に近づけ、黒目(角膜)にそっとのせます。
レンズは目に押し付けるのではなく、吸いつかせるイメージで!!

③そのまま瞬きをパチパチ繰り返します。
レンズが黒目の上にちゃんとあるのかを鏡で確認し、目に馴染めばOKです。

コンタクトを安全に使おう!

コンタクトレンズは、慣れてしまうと、とっても便利で欠かせないものになります。

しかし、正しい使用法を守らなければ、目に傷が出来てしまったりと、様々な危険も伴います。

コンタクトをしたまま眠ったり、毎日のレンズケアを怠ることは、目の感染症などを引き起こす原因になります。

眼科医の指導にもとづいて1日の装着時間や、レンズの使用期限など必ず守るようにしましょう!!

大事な目のために、注意点はしっかり守って、正しく安全に使ってくださいね。

【スポンサードリンク】