言葉遣いの直し方!丁寧で綺麗な言葉遣いを身に付けよう!

1308248top
社会人になるきっかけなどで、言葉遣いを直したい!自分の言葉遣いに自信がない・・とお悩みの方は多いと思います。

『言葉遣いは心遣い』と言われているように、発する言葉や話し方は、その人の人柄を現します。

丁寧かつ綺麗な言葉遣いの人は、きちんとした常識のある大人な印象を与え、人間関係もより円滑になります。

反対に乱暴な言葉遣いでは、初対面の人に与える印象も、やはり悪くなってしまいます。

そこで、言葉遣いの直し方についてお話いたします。

今さら本当に直るのか不安という方も、大丈夫。今からでも間に合います!

丁寧で綺麗な言葉遣いをマスターしましょう!!

【スポンサードリンク】

言葉遣いの直し方

◇子どもの頃からの口癖や育った環境、メディアや周りの人からの影響、若者言葉の流行、など言葉の乱れの原因は様々です。

言葉遣いの直し方として、まずは正しい言葉遣いを知ることが必要です。

正確な敬語を本で学んだり、言葉遣いのマナーを学ぶセミナーに参加したりと、積極的に知識を身に付けましょう。

目標とする人がいる場合は、その人の言葉遣いや話し方を真似することから始めると効果的です。

相手に対しての思いやりや、気遣いの気持ちがあれば、自然と言葉遣いは丁寧になるはずです。

初対面の人と話すシーンでは、特に、相手が良い気分になれるような丁寧な話し方を心掛けましょう。

◇また、言葉遣いにいくら気を付けて生活をしていても、感情的になると言葉遣いが悪くなってしまう人は多いです。

感情が高ぶると「ムカつく」「だるい」「うざい」「やばい」など、つい汚い言葉を口走ってしまいそうになりますが、そんな時は、口に出す前に一呼吸置くようにしましょう。

頭の中で言葉を選んで話す癖がつくと、相手に感情をぶつけるような感情的な話し方を避けられます。

【スポンサードリンク】

丁寧で綺麗な言葉遣いを身に付けよう!

丁寧で綺麗な言葉遣いを身に付ける為に、下記のポイントを意識してみてください☆

  • 言葉の前に『お』や『ご』を付ける。
  • 「お話」「ご挨拶」・「お名前」「ご氏名」・「お考え」「ご意見」
    「お気持ち」「ご気分」といったような例があります。
    ただし、何でもかんでも『お』や『ご』を付ければいいという訳ではないので、使い方には注意しましょう。

  • 『ん』で代用はNG×
  • 「うちん家」→「うちの家」・「できないんですけど」→「できないのですが」など、『ん』は『の』に変換できます。

  • 語尾を伸ばさない。
  • 「すげー」→「すごい」・「ありえねー」→「ありえない」など。語尾を丁寧にすることで、言葉遣いが変わります。

  • 話を単語止めで終わらさない。
  • 「これは、○○」→「これは、○○です」という風に、普段の会話やメールでも「です」「ます」を付けるように心掛けると良いです。

普段からイメージトレーニングを繰り返し、日常生活の中で正しい言葉遣いを心掛けていると、話し方は自然と変わりますよ。

美しい言葉遣いで品格を上げる

◇美しく丁寧な言葉遣いを心掛けることは、相手に対しての思いやりであり、大人としてのマナーでもあります。

忙しかったり、イライラしたりすると、つい乱暴になりがちな言葉遣いですが、それではあなたの品格を落としてしまいます。

品格のある言葉は、自分の気持ちや、心そのものを相手に届ける役割を果たしてくれます。

◇言葉遣いは、年齢に関わらず、自分自身の気づきと努力で必ず身に付きます!!

日頃から意識して続けていれば、少しずつ習慣となるので、人前でどんどん実践していきましょう☆彡

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ