口内炎
気づいた時には、口の中に出来てしまっている口内炎。

歯茎や舌に口内炎が出来ると、食事をしたり口を動かす度に痛むので、とても不快ですよね。

「口内炎に塩を塗ると早く治るよ!」という話を耳にしたことはありませんか?

口内炎に塩を塗ると本当に効果はあるのでしょうか・・

反対に、「塩を塗るとかえって悪化する!」という意見もあったりします。

口内炎に塩を塗るのは効果的か?それとも悪化してしまうのか?

ここで検証していきたいと思います!!

【スポンサードリンク】

口内炎に塩を塗るのは効果あり?

塩には殺菌作用があり、ミネラルが豊富なので、ウイルスや細菌を追い出すことができ、免疫力も高くなっていきます。

その為、塩を使った治し方を行えば、早めに口内炎を治すことが出来ると考えられます。

・患部に直接塩を塗り込み、数秒がまんして、口をすすぐ。
(1日1回、2~3日繰り返します。)

もしくは、

・塩水で1日数回、30秒ほどうがいする。
(「ためしてガッテン」でも紹介された治療法です♪)

◇塩を直接塗るのは勇気がいるし、痛みに耐える自信がないという方は、後者の「塩水うがい」を試してみることをおすすめします!

作り方は、塩をつまんで水に混ぜるだけでOKです。

塩の量は、ひとつまみぐらいで、少し塩の味がするぐらいで大丈夫です。

塩水うがいが終わった後は、必ず水でうがいをして、塩水をきちんと口から洗い流してくださいね。

口内炎に塩を塗ると悪化!?

◇一方で「口内炎に塩を塗ってみたけど、効かない・・余計に痛くなった気がする」という方がいるのも事実です。

塩による刺激が却って炎症を悪化させてしまう可能性もないとは言えません。

患部に直接塩を塗ると、出血してしまうこともある為、むやみやたらに塗ることは良くないでしょう。

塩を塗るというのは、あくまで民間療法の為、個人の健康状態や口内炎の重症度など様々な要因で効果は変わると考えられます。

【スポンサードリンク】

口内炎を予防しよう

◇口内炎にも種類がありますが、一般的によくできる口内炎は「アフタ性口内炎」と言われています。

アフタ性口内炎の原因には、ストレスや生活習慣の乱れ、栄養不足などが挙げられます。

日頃から口内炎を予防するために、私たちができることをご紹介いたします。

・疲れを感じたら、しっかりと睡眠をとり休養する。
 疲れは、免疫力の低下を引き起こし、細菌を繁殖させ、口内炎を作ってしまうことにつながります。

・ブラッシング(歯磨き)で口の中の細菌を減らす。
 歯磨きの頻度を上げ口の中を清潔に保つことで、細菌の繁殖を予防し、口内炎の予防になります。

・ガムを噛んで唾液分泌を促進する。
 唾液は、口の中を潤すだけでなく、抗菌作用も持っており、細菌の繁殖を抑えます。

・免疫力を高める食事で予防する。
 偏食による鉄分やビタミン不足で口内炎ができやすくなるので、バランスの良い食生活を心掛けることが大切です。

◇口内炎は、体調不良のサインとも言われていますので、健康のバロメーターとして甘く見ないようにしましょうね!

【スポンサードリンク】