夏のスキンケアは汗対策が必須!美肌づくりのポイントご紹介!

まだまだ続く暑い夏、全国では異常天候警戒情報が発令されるなど、とにかく毎日が暑い!ですね。

気温の上昇とともに、汗や皮脂の分泌が盛んになるこの季節。

外に出るだけで吹き出すように汗が出ますよね。

そんな中、女性が1番気になることは「夏のスキンケア」

夏のお肌は、熱くなったりベタついたり、肌荒れトラブルに・・・もう大変!

ベタつく夏のスキンケアは、何をしていいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

実は、夏のスキンケアは「汗対策」をするだけで美肌に近づます!

今回は元美容部員の私が、お客様にしてきた美肌アドバイスなども含め、夏のスキンケアと美肌づくりのポイントについてご紹介していきます!

【スポンサードリンク】

夏のスキンケは汗対策が必須!

汗は、人の体の体温を一定に保つために、必要なものです。

また、肌の表面をしっかり覆って、水分の蒸散を防ぐ働きがあります。

なので汗をかかないよりは、かいた方がいいのですが、汗をかきすぎてしまうと、肌には色々な影響を与えてしまいます。

■夏は汗のトラブル進行に気付かない!

汗の効用が、汗のトラブル(べたつき・化粧崩れ・紫外線・乾燥のダメージ)の進行に気づかせないという、見事なトラップ(罠)を作ってしまうのです。

秋頃には汗の量は急激に減少し、肌トラブルの進行した肌が一気に現れます。

しかし実際は、「夏の汗」によって隠され徐々に進行していた・・というのが現実です。

■1番の対策は汗を顔に溜めないこと!

私も出先で必ずしていることが、汗をタオルやティッシュで「軽く押さえる」ことです。

絶対に擦ってはいけません。

汗をかいたことによって肌の角質層は水分を含みふやけていきます。

ふやけた角質層は非常に敏感になっていますので、肌が傷つきやすくなっています。

そのため、コットン素材など優しい素材のハンドタオルなどで素材に吸収させるイメージで軽く押さえるようすることが有効です。

・擦るのは×

・押さえるのは×

・滑らせる(力が入ると摩擦になるため)のも×

上記の3点は特に意識しましょう!!

【スポンサードリンク】

美肌づくりのポイントをご紹介!

夏は冬とくらべて汗と皮脂の分泌が盛んなので、いつもより「なんとなく」潤っていると勘違いされる方が多いです。

しかし、実際は肌の表面はテカっていても、内側はカラカラに乾燥してしまっているのが夏の肌の特徴です。

今から夏の美肌づくりのポイントをいくつかご紹介していきます♪

  • 日焼け止めを徹底!
  • 夏の紫外線は曇りでも雨でも関係なく高い数値を出しいています。
    紫外線は肌をどんどん乾燥させてしまうので、お天気に関係なく日焼け止めは毎朝つけましょう。

  • 化粧水はとにかくたっぷり!
  • 夏はベタつくからといって、化粧水の量を減らしてはスキンケアの意味がありません。化粧水の量が少ないと肌が水分不足と判断し、それを補うために皮脂を一生懸命作り出してしまいます。
    結果、肌の水分と皮脂とのバランスが崩れ、余計にベタつきが悪化します。
    汗によって乾燥した「水」分は、化粧「水」でしっかり補うことが重要です。
    私も美容部員時代は、お客様にとことん化粧水の大切さを伝えてきました。
    肌に最初につける化粧水は、たっぷりつけることによって角質層を潤いで満たし、後につけるアイテムの浸透もアップするので最低5振りはつけましょう。

  • 汗・皮脂に強い化粧下地を使う!
  • 目に見える汗ならハンカチなどでカバーできますが、じんわりかいてしまう汗は、なかなか拭けないもの。
    じんわり汗を放っておくと、一時的に火照った肌は次第に冷え、乾燥・化粧崩れなどのトラブルを引き起こします。
    だったら、汗が出ないように先手を打っちゃいましょう!
    皮脂崩れ防止の下地を、崩れやすい鼻回り・毛穴部分、汗が流れやすい生え際を中心に塗ります。それだけで、じんわり浮いてくる汗も抑えられますよ。

表面だけでなく、内側からも汗対策を

今回は汗対策と美肌アドバイスについてお話しましたが、内側からのアプローチも大切にして下さいね♡

紫外線や汗で疲れ切った肌は、食べ物からでももちろんケアできます。

抗酸化作用の高いリコピンを含むトマトを食べるなど、インナーケアも大いに活用して美肌を目指しましょう。

水分補給もしっかりと行って、夏の汗に負けない美肌づくりを目指して下さいね♪

☆こちらの関連記事もご参考に↓
顔の日焼け止め塗り直しのタイミングって?塗り方のコツ!
洗顔は朝しない方が肌にいい!?化粧水も使わない?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ