7bd4e9d0521eabb8a2683e4c0d9d553179b662991462972721
仕事をしていると必ず、先輩や上司に、分からないことや疑問に思ったことを尋ねるシーンがありますよね。

何かを教えてもらいたいと思った時、目上の人に「教えてください」と伝えるのはNG!?

やはり、ビジネス上では、より丁寧な言い回しが必要となってきます。

「教えてください」の敬語をきちんと使えているでしょうか?

ビジネスシーンでは、メールや電話で顔の見えない相手に何かを教わったり、アドバイスをもらう依頼をすることも多々あります。

社会人の礼儀として、ビジネスメールでも正しく敬語を使いたいところです。

目上の人に失礼のないよう「教えてください」の敬語を、使いこなしましょう!

【スポンサードリンク】

「教えてください」を敬語で言い表すと・・

  • 「お教えください」「教えていただけませんか」
  • シンプルで使いやすいですが、文面より、口頭で使う際に適している表現です。

  • 「ご指導ください」「ご指導いただけませんか」
  • 「教える」の類義語の「ご指導」を用いた表現です。
    先輩や上司に専門的なことを教えてもらう際や、文面で用いることが多いです。

  • 「ご教授ください」「ご教示ください」
  • こちらの2つは、ビジネスシーンでよく耳にしますが、似ているようでそれぞれ持つ意味が違うので注意しましょう。
    専門性の高い学問や技芸を教えてもらう場合・・「ご教授」
    ー般的な知識や方法を聞きたい場合・・「ご教示」
    ※実際ビジネスの現場においては、「ご教示ください」を使う方が適しているシーンが多いです。

  • 「ご意見をお聞かせいただけますか」
  • こちらは少し遠まわしな表現にはなりますが「教えてください」と同じ意味として捉えることが出来るので、丁寧な言い方として用いられています。

【スポンサードリンク】

「教えてください」をビジネスメールで使いたいときは・・

ビジネスメールでよく使われる例文を集めました。
下記の例を参考に、その時々の内容で最も適しているものを判断し、用いるようにしましょう。

『お知らせいただけないでしょうか』

『お教えいただきたく存じます』

『ご教示くださいますよう、お願い致します』

『ご教示いただければ、幸いです』

『早急なご回答をお待ち申し上げております』

『ご回答いただければ、誠にありがたい次第です』

『折り返しご返事をいただきたく、お願い申し上げます』

『ご指導の程、よろしくお願い申し上げます』

『ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します』

『色々とご指導を仰ぐ機会もあるかと存じますが、その節はよろしくお願い申し上げます』

『ご一報くださいますよう、お願い申し上げます』

気持ちが伝わるようにお願いするには・・

ビジネス上で、正確な言葉遣いや正しい敬語はもちろん問われますが、相手に感謝の気持ちが伝わるように話すことが大切です。

特にメールでは、お互い顔の見えないやり取りの為、より丁寧に相手を気遣った表現が望ましいです。

メールの捉え方によっては、仕事でトラブルに発展することもよくあるので、最善の注意を払わなくてはいけません。

謙虚な気持ちを忘れず丁寧にお願いをすれば、教える側も気持よく受け取ることが出来るはずです。

社会人として恥じることのないよう、気持ちが伝わるような敬語を使えるようにしたいですね。

【スポンサードリンク】