追手門学院大学で履修登録が抽選に→教務課に爆竹投げ込まれる騒動へ?

大阪にある追手門学院大学
(おうてもんがくいんだいがく)が
物議を醸しています。

学生たちが自分の受ける
授業を選択する履修登録がほぼ抽選となり、
務課にクレームが殺到。

教務課に爆竹が投げられる騒動に発展し、
打ち上げ花火も上げられたとの情報も・・

一体何があったのでしょう!?

【スポンサードリンク】

追手門学院大学で履修登録が抽選に→教務課に爆竹投げ込まれる騒動へ?

■学生らからの批判が殺到し、
炎上騒動となっている『追手門大学』。

この騒動の発端は、
ほとんどの授業が抽選となったことで、
アクセスが集中し、サーバーはダウン。

抽選に落ちた学生さんは、
「単位が足りず卒業できない」と
教務課にクレーム。

しかし、教務課からは「その単位で我慢しろ」
などと言われたそうで、早い者勝ちの
履修登録という事態に・・

さらに、パソコンでの抽選のみということで
当然パソコンの取り合いになり、
教務課には爆竹が投げ込まれ、
打ち上げ花火を上げられるなどという
驚きの騒動に発展したとのことです。

【スポンサードリンク】


■必要な授業を受けられない
(必要な単位が取れない)と、
留年しなくてはなりませんし、
履修登録は学生にとって大切です。

現段階ではまだ不明点も多く
どこまでが事実か分かりませんが、
お金を払って学びに来ている学生たちにとって
このように不平等な履修状況はおかしいですね。

学校側には、誠実な対応を願います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ