ポケビジョンをはじめ
P-GO SEARCH、ポケタン、PokemonGo DesktopMap、pokewhere
と次々にナイアンティック社に対策され
2016/8/9現在全て使用することができなくなっています。

しかし、2016/8/9現在
まだ使えるアプリが2つ存在するので
ご紹介させていただきます。

【スポンサードリンク】

まだ使えるアプリは?

■Go Radar
APIに依存していないため
今後もずっと使用できる可能性が高いのが特徴!
使い方などに関してはこちらに詳しく書いてますので
ご覧ください。
Go Radarの使い方を完全解説

■POKEDOKO
まず、インストールはこちらから行えます。
POKEDOKOをインストール

こちらは
Go Radarや他のサイト、アプリと違って
過去にその場所で出現したポケモンが表示されているので
リアルタイムで現在出現しているポケモンというわけではありません。
そういうわけでは他と違ってあまり使い道はないかもしれませんが
ポケモンの巣を探すのに効果的ですので
そう言った用途で使うのであればアリかなと思います。

【スポンサードリンク】

まとめ

今までは使える位置情報サービスが登場しても
すぐにナイアンティック社に対策され使えなくなる
というイタチごっこが続いていましたが
このGo RadarであればAPIに依存していないので
今度こそ、そういったことがない
と確信しております。

このGo Radarを使って
どんどん欲しいポケモンをゲットしましょう!

【ポケモンGO関連記事まとめ】
ポケモンGO強化と進化はどっちを優先すべき?おすすめの順番はこれだ!
ポケモンGOバス移動最強説は本当!歩かずポケモン大量GET!
イーブイ進化のおすすめは?進化先を指定できる裏技を完全解説!
ポケモンGO持ち物がいっぱいとすぐに表示される!捨て方と優先度は?
ポケモンGO個体値チェッカーの見方と使い方を完全解説!

【スポンサードリンク】