冷凍したパンの賞味期限は?解凍しておいしく食べる保存法☆

31NyFXLQnwL
食パンを1斤まるごと購入したり、安い時に菓子パンをまとめて購入したりと、1日2日じゃ食べきれない量のパン。

どうしよう?とお困りの方!

そんな時は、冷凍保存をすることがおすすめです♪

冷凍したパンはいつまでおいしく食べることができるのか、賞味期限が気になる・・

解凍の仕方もよく分からないかも・・

と、疑問に思っている方も必見です!

冷凍したパンの賞味期限と解凍の仕方をご紹介いたします!!

パンを最後までおいしく食べることができるよう、正しい冷凍保存の方法をマスターしましょう☆

【スポンサードリンク】

冷凍したパンの賞味期限は?

◇パンは常温のまま置いていると、みるみるうちに乾燥していくのでそれほど日持ちせず、気付けばカビが生えてしまうこともあります。

冷蔵すると少しは賞味期限を長くすることも出来ますが、パンは冷凍することで、おいしく長期保存が可能です!

食べきれない量を買ってしまった時は、その日のうちに残りのパンを冷凍保存するようにしましょうね。
(2日以上の常温保存は、味が落ちてしまいます。)

◇家庭で冷凍保存する際は温度を一定に保つ事が難しいので、出来るだけ1ヶ月以内を目安に食べるようにしましょう。

食パンを冷凍保存する場合は、できれば2週間以内に留めた方が良いそうです。

お総菜パンは種類にもよりますが、トッピングが多いもの(マヨネーズや具材が乗っているものなど)は、冷凍することで味や風味が変わる為、あまり冷凍向きではありません。

ベーグルやロールパン、フランスパン、デニッシュ(フルーツなどの乗っていないもの)、クロワッサンのように、シンプルで水分の少ないパンは冷凍してもOKです♪

解凍の仕方は?

◇冷凍パンをおいしく食べるためには、解凍するときにちょっとしたコツがあります。

レンジやオーブントースターで温めて食べるので、上手に温めれば焼きたてのおいしさを楽しむことができます♪

●食パンは解凍せずに、そのままトーストするのがおすすめです。(焼き時間はいつもと同じ~少し長め)

凍ったままのパンに霧吹きで水をシュッとかけてからトーストすると、水分が水蒸気となってやわらかく温められます。

オーブントースターを予熱してから焼くことで、表面はさくっと中はふんわり仕上がります。

また、軽くレンジ加熱で解凍してからトースターで焼いても、おいしく食べることが出来ます。(電子レンジは20~30秒ほど)

●菓子パンなどはレンジで解凍してから、軽くトーストするのがおすすめです。

油分や糖分が多いものは焦げやすいので、アルミホイルをかぶせて焼くなど注意しましょう。

※一度解凍したものは品質が落ちてしまうので、再冷凍は絶対に避けてください。

【スポンサードリンク】

おいしく食べる保存法

◇パンをおいしく冷凍保存する為のポイントをまとめました。

☆食べきれないパンは、当日中に冷凍庫へ!

☆あとから使いやすいように食べるサイズに切っておく!

☆乾燥させないよう、ラップで包んでジップロックに入れる!
(空気に触れさせない)

☆ふんわり感を保つ為、パンを潰さない程度に空気を抜いて!

◇冷凍庫にパンのストックがあれば、忙しい朝やおやつタイムにも、温めてすぐ食べることが出来るので、便利ですよね。

ぜひみなさん、たくさん買い込んだパンを長く楽しめるよう、冷凍保存を活用してください♪

※関連記事はこちらから↓
パン粉の代用は食パンでOK?ハンバーグやとんかつにも使える?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ