shutterstock_83011426-480x321
子どもを産むにはどれくらいお金がかかるのか知っていますか?

「出産費用って保険はきくの?」

「自己負担額はどれくらいになるの?」

子どもが欲しいけれど、出産にかかる費用がどれくらいになるのか分からない方も多いと思います。

私も数年前に出産しましたが、実際にどれくらいお金がかかるものなのか不安に感じたことがあります。

今回は、出産時にかかる費用について、保険でまかなえるものなのか、また自己負担は実際にはどれくらいになるのかお話しします!

【スポンサードリンク】

出産費用ってどれくらい?

■自然分娩であったとき、出産のときにかかる費用の平均はだいたい50万円弱となっています。(帝王切開などの場合は異なってきます。)

これには分娩費だけでなく、入院代や食事代なども含まれています。

ですので、入院するお部屋や食事など色々なサービスによって費用は大きく変わり、40~100万円くらいと大きな差があります。

病院によっては豪華な個室があったり、食事にもこだわってフルコースが出る病院があったり、出産した時間帯や曜日によって費用が加算される病院もあります。

■また地域によっても費用は異なってきます。

都道府県別の平均をみたとき、東京都は約60万円なのに対し、都心から離れた地域ですと40万円台前半の都道府県もあり、平均でも15万円以上の差があります。

出産費用は病院や、選ぶお部屋などによっても大きく異なるので、事前に病院に問い合わせてみたり、ホームページを見てみたりして、どのくらいかかるものか確認しておくと安心ですね♪

出産費用は保険でまかなえるの?

■妊娠や出産は病気ではないため、基本的には健康保険がききません。

そのため帝王切開などを除く自然分娩であった場合は、全額自己負担となります。(帝王切開の場合、医療費は保険適応されるため3割負担となります。)

しかし、健康保険か国民健康保険に加入していれば、「出産育児一時金」または「家族出産育児一時金」として、子ども1人につき42万円が支給されます。(ただし、産科医療補償制度に加入していない医療機関で出産した場合や、在胎週数が22週未満であった場合は40.4万円(平成26年12月31日以前は39万円)の支給になります。)

そしてこの出産育児一時金は、健康保険から出産した病院へ直接支払われる「直接支払制度」を希望すれば、病院の窓口で支払うのが42万円を超えた分だけとなります。(「直接支払制度」を導入していない病院もあるので、一度確認してみましょう。)

■また、帝王切開での出産で、妊娠前に加入していた民間の医療保険があった場合、契約内容にもよっては入院や手術の給付金がもらえることがあります。

ですが、妊娠発覚後は医療保険に入れなかったり、出産時には支払われないという条件付きでの加入になってしまうことが多いです。

まだ医療保険に入っていないけれど、子どもが欲しいと考えている方は、これを機に医療保険への加入を検討してみるのも良いかもしれません☆

【スポンサードリンク】

実際の自己負担額はどれくらい?

■先程お話しした「直接支払制度」を利用した場合、病院の退院時に支払う出産費用は、実際にかかった出産費用から「出産育児一時金」の42万円を差し引いた額となります。

そのため平均的にみると、自然分娩の場合はだいたい10万円くらいになることが多いかと思います。

帝王切開であった場合は、出産費用自体は自然分娩時よりも高くなりますが、健康保険により3割負担になりますし、さらに民間の医療保険に加入していて給付金が支払われれば、実際に負担する額は自然分娩よりも安くなる場合があります。

しかし、出産は何が起こるか分からないもので、予定通りにいかないこともあります。

陣痛前の破水や、陣痛が長引いたことにより入院日数が伸びてしまったり、促進剤を使ったり、急に帝王切開することになったりと、さまざまなことにより出産費用は異なってきます。

やはり、ある程度余裕をもった出産時の予算を用意しておけると安心ですね!

【スポンサードリンク】