安倍チルドレンの1人でもある
自民党の豊田真由子代議士。

秘書に罵声を浴びせ暴行を加えるなど
衝撃の現場を週刊新潮が報じています。

激しく罵声を浴びせている最中の
音声データも公開され、
驚きが広がっています。

ピンクモンスターと呼ばれる
彼女の恐ろしい本性とは?

【スポンサードリンク】

豊田真由子議員の絶叫暴行音声が怖い!

■豊田真由子代議士の事務所に
政策秘書として務めていた55歳の男性が
告発したことで、今回の事件が発覚。

男性は、豊田代議士に
殴ったり蹴ったり、ハンガーで叩いたり
といった信じられないような暴行を
繰り返し受けていたと言います。

「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」等の
診断書も証拠として出されているということで、
本当に驚きですね。

■そして、デイリー新潮により
豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠として
音声の一部が公開され、波紋を呼んでいます。

※衝撃の音声データはこちら↓

【スポンサードリンク】

モンスターの本性とは?

■豊田代議士は、蔭高校から東大に進学。

卒業後、厚労省にキャリア官僚として入省します。

官僚時代は、米国ハーバード大学大学院に留学。

2012年衆院選で国会議員へと転身しました。

■そんな輝かしい経歴をもつ女性ですが
以前にも園遊会事件で話題となり、
ピンクモンスターなどと呼ばれていました。

天皇、皇后両陛下主催された赤坂御苑
春の園遊会で
「入場が認められない、親族とみられる
招待者ではない女性を連れて入場」
するという問題行動を起こしたのです。

さらに、宮内庁職員から入場を拒否されると
豊田議員は「入れなさい」と声を荒らげ、
職員の制止を振り切り入場。

永田町では
「いかにも、豊田真由子がやりそうなこと」
ともっぱら評判だったようです。

その気性の荒さから
今まで彼女の元を去った秘書は
100人以上とも言われています。


■今回の件が事実だとすると
確実に辞職に追い込まれるでしょう。

【スポンサードリンク】