他の管楽器にはないスライドで音程を変えることのできるトロンボーン!

クラシックだけでなくジャズでも大活躍!

伸び縮みするスライドなど見た目や音もかっこよく「吹いてみたい!」と思ったことはありませんか?

しかし、初心者の方が吹いてみたい!と思っても、なかなかすぐに音が出せるものではありません。

まずは、吹き方のコツをつかんで練習していくことが大切です。

私自身、中学校の吹奏楽部でトロンボーンを始めて、今も続けていますが、楽器を吹くことはとても楽しいです♪

そこで、トロンボーンの吹き方のコツをお伝えしていきます。

まだうまく音を出せない初心者の方も、コツをつかんで楽しくトロンボーンを吹いてみましょう♪

【スポンサードリンク】

トロンボーンの吹き方のコツ

まずは、初心者の方でもトロンボーンの音を出せるようになる、吹き方のコツをご紹介します♪

  • 正しいアンブシュア(口の形)を!
  • 楽器の音を出すときの口の形をアンブシュアと言いますが、まずはやみくもに楽器に息を入れる前に、正しいアンブシュアを身につける必要があります。
    唇の両端を軽く横に引っ張り、このとき唇の真ん中に寄せる感じで少し隙間を作ります。
    この隙間に息が通り、その上下の唇が振動することによって音が出ます。
    このとき、唇を横に引っ張りすぎてもいけないし、すぼめすぎてもいけません。
    また息を出したとき、頬が膨らまないように注意しましょう。

  • マウスピースで音をならせるように!
  • 楽器から取り外せる唇に当たる部分をマウスピースと言います。
    正しいアンブシュアの状態で、唇にマウスピースをあてて息を吹き、唇を振動させてブーと音をならしてみましょう。
    唇の形に個人差があるように、マウスピースを当てる位置にも個人差があります。自分が音の出しやすい位置を探してみましょう。
    マウスピースに唇をあてることで唇の振動が伝わっていきますが、押し付けすぎてもすぐに疲れる原因になるため、ほどよい力であてるのが理想です。

  • マウスピースでねらった音を吹けるように!
  • マウスピースを使ってある程度音が出るようになってきたら、色々な音域の音を出せるように練習しましましょう。
    唇を真ん中に寄せて息の出る隙間を小さくし、息のスピードを上げると、出る音が高くなります。
    逆に、唇を少し緩めて息の出る隙間を大きくすると、音は低くなります。
    ピアノなどで音をならし、同じ音をマウスピースでねらって出してみましょう。
    最初はなかなかねらった音が出なかったり、ならせる音域が狭いかと思いますが、マウスピースだけで根気強く練習し、マウスピースで音階が吹けるくらいになると、楽器をつけたときスムーズに広い音域の音が出せるようになりますよ。

  • 楽器をつけて音をならしてみましょう!
  • マウスピースだけでしっかりならせるようになってきたら、楽器をつけてみましょう。このとき、楽器を正しい姿勢で構えることが大切です。
    背筋を伸ばして、両足はしっかりと地面につけ、肩の力は抜きます。
    楽器をつけてもマウスピースのあて方を変えてはいけません。
    マウスピースだけで音を出した時と同じように、息を入れ唇を振動させるとその振動が楽器に伝わり、音がなります。

  • ロングトーンしてみましょう!
  • 楽器をつけて音をならせるようになったら、一つの音を長くまっすぐに伸ばしてみましょう。これをロングトーンと言います。
    このとき、息を吐ききってから大きく吸い、できるだけ音を長く伸ばせるように練習してみましょう。
    音が揺れてしまわないように腹筋で支え、まっすぐ吹くことが大切です。
    自分のならしやすい音からスタートし、少しずつ音域を広げていきましょう。

【スポンサードリンク】

初心者でもちゃんと吹けるようになる?

初心者の方が、トロンボーンの音をちゃんとならせるようになるのは、難しいことですよね。

中にはいきなり音を出せる人もいるかと思いますが、私は最初はなかなか音をならすことすらできませんでした。

しかし、アンブシュアやマウスピースなど基礎から地道に練習することで、音を出せるようになる日はやってきます!

根気強く練習することが大切です。

また、身近にトロンボーンを吹ける人がいれば教えてもらったり、音楽教室などで行われているレッスンを受けてみるなど、正しい基礎を身につけると楽器を上手に吹けるようになる近道になるでしょう。

理想の音をみつけてみましょう♪

同じトロンボーンを吹いても、吹く人によってなる音も違ってきます。

CDやインターネットの動画サイト、テレビなどでも色々なトロンボーンの音を聴くことができますよ。

たくさん聴いて、自分の理想とする音をみつけてみましょう。

トロンボーンのアンサンブルやソロのコンサートを聴きに行ってみるのも良いかもしれません♪

最初は理想とかけ離れた音しか出せないかもしれませんが、理想の音をイメージしながら日々練習することで、少しずつでも近づくことができるはず!

良い音で楽しく吹けるようになるといいですね♪

【スポンサードリンク】