うんていで3歳女の子が首挟まれる事故で心肺停止!一体何が?

香川県の保育施設で、3歳の女の子
屋外の遊具「うんてい」に挟まれる
といった事故が発生。

女の子は病院に運ばれましたが、
一時心肺停止の状態に・・

一体何があったのでしょう!?
事故現場の「うんてい」とは?

【スポンサードリンク】

うんていで3歳女の子が首挟まれる事故で心肺停止!一体何が?

■この事故は、12日午前9時半ごろ
香川県善通寺市の保育施設
「カナン子育てプラザ21
地域子育て支援センター」で発生しました。

3歳の女の子が施設の屋外にある
「うんてい」で遊んでいたようですが、
うんていの側面(手すり部分?)に
挟まっている状態で職員が発見。

女の子は首を挟まれたとみられ
病院に救急搬送され、
一時心肺停止の状態でしたが
その後回復し、
治療が続けられているようです。

■事故のあった問題の遊具がこちら↓

【スポンサードリンク】

■子ども用に設計された
「うんてい」ということですが、
安全に配慮されていなかったのか?

うんていは本来ぶら下がって遊ぶものですが、
一体なぜこのような事故が起きてしまったのか
不思議です。

■小さなお子様をもつ親御さんは
このような事故が起きると
とても心配になってしまいますね。

詳しい事故の状況は、まだ分かっておらず
現在警察が調査中とのことなので、
どのようにして首が挟まれたかなど
分かり次第お伝えしたいと思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ