10月3日スタートの朝ドラ『べっぴんさん』のヒロインに
大抜擢された芳根京子(よしねきょうこ)さん(19)。

NHK連続テレビ小説『花子とアン』にて
17歳で女優デビュー。

その後、映画やドラマなど数々の作品に出演。

今季大注目ブレイク間違いなしの彼女ですが、
以前難病にかかっていたそうです。

一体どのような病気だったのでしょうか?

病気を乗り越え活躍中の彼女の
知られざる過去について調査いたしました。

【スポンサードリンク】

芳根京子の難病って?

■芳根京子さんは、17歳の時にオーディションにて
『花子とアン』出演を勝ち取った実力派。


しかし、学校に通うことが難しいほどの
難病を抱えていたと自身のブログで告白しています。

その病名は「ギランバレー症候群」

日本では10万人に1~2人が発症すると言われており、
急に手足に力が入らなくなったり、
手足がしびれたりする病気です。
(筋肉を動かすなどの働きを持つ末梢神経が障害を起こすため)

■芳根さんは中学2年生の時にこの難病を発症し、
力が入らなくなる症状に悩まされ
1年間ほど普通に学校に通えない日々が続いたそう。

この病気は死亡例もあるそうですが
彼女は現在完治しているようです。

病気を乗り越え、見事、女優業で大活躍!

本当に良かったですね。

【スポンサードリンク】

朝ドラ『べっぴんさん』ヒロインに抜擢!

■そして、今秋スタートの朝ドラ『べっぴんさん』では
ヒロイン「坂東すみれ」役を務めることに・・!

『まれ』『あさが来た』『とと姉ちゃん』の
オーディションも受けていたそうで
今回、念願のヒロインの座を掴んだという訳です。

今までの努力が実り、合格が伝えられた際には
本人も涙して喜んだそうです。

可愛くて演技派の彼女から目が離せない!


https://twitter.com/M_____K_____T/status/771154693401616384
https://twitter.com/rururu_zzz/status/771514149008400384
https://twitter.com/kayodayo0704/status/768400657732673536

早くも期待の声がたくさんです!

今後は今以上に活躍していくこと間違いなし!!

朝ドラが始まるのが待ち遠しいですね♡

※関連記事はこちらから↓
シャーロット『べっぴんさん』で朝ドラ復帰!出演はいつ?役柄は?

【スポンサードリンク】