吉高由里子が消えた理由は?『東京タラレバ娘』2年半ぶり連ドラ主演!

若手人気女優の1人、吉高由里子ちゃん(28)が
来年1月スタートの『東京タラレバ娘』で
2年半ぶりに連ドラ主演
することが発表されました!!

アラサー、アラフォー女性必見のこのドラマ。
今からとっても楽しみですね。

しかし、吉高ちゃんと言えば、熱愛報道はありましたが
「テレビから消えた?」と一時期騒がれていました。

彼女の連ドラ復帰にファンは喜んでいますが、
「一体この期間に何があったの?」
と疑問に思っている方も多いはず。

売れっ子女優が2年半もの間、
消えた理由は何だったのでしょうか!?

気になったので、調査してみました。

【スポンサードリンク】

吉高由里子が消えた理由!

■吉高ちゃんと言えば『蛇にピアス』で映画初主演を果たし、
一躍有名になりましたね。

その後、数々のドラマや映画に出演し、
2014年には朝の連続テレビ小説「花子とアン」
ヒロイン役に抜擢。

その年の紅白歌合戦では、紅組の司会も務めます。

おなじみハイボールのCMも、
彼女の明るいキャラクターにぴったりで大流行!

■しかし、その一方で、朝ドラヒロインの大役抜擢に
本当に私でいいのかな・・と悩まれていたようです。

朝ドラは長期間に渡る多忙なスケジュール、
視聴率や役者さんの評価が丸分かりの大変な仕事なため、
そのストレスは想像が出来ますね。

さらに、紅白での司会という大仕事も重なり、
あまり知られていませんが、彼女はこの1年間で
疲労が蓄積され相当参ってしまっていたようです。

■そして、朝ドラが終わる直前に
「2年間は休ませてほしい」
自ら事務所に申し出たと言われています。

天真爛漫な彼女のイメージとは裏腹に、
仕事に対し思い悩んで
精神面、体力面共に疲れ果ててしまったのでしょう。

燃え尽き症候群のような感じだったのかもしれませんね。

『東京タラレバ娘』連ドラ主演決定!

■最近はCMや舞台では活動をしていたようですが、
連ドラ主演は二年半ぶり!!

吉高ちゃん主演の今回のドラマは、大人気漫画が原作。

30代独身のヒロインが、女友達と夜な夜な繰り広げる
女子会という名の酒飲み会。

「キレイになったらいい男が現れる」「好きになれれば結婚できる」
など「タラレバ」ばかりこぼしているところから、ふと我に返り、
自分がすでに「女子」ではないことを自覚させられるというストーリー。

特に、独身女性は共感しまくりの内容です!

ファンも期待!

【スポンサードリンク】

吉高ちゃんでの実写化を喜ぶファンも多数!!

今からとっても楽しみですね♡

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ