めまいや動機、息切れ、頭痛など
辛い貧血症状でお悩みの方は、
市販のサプリではなかなか改善されず
病院へ行った方がいいのかも・・と考えますよね。

「病院では一体どんな薬を処方される?」

「果たしてその効果は?」

など貧血の薬に関する疑問を、
重い貧血で入院経験のある私がお答えします。

私が実際に病院で処方され飲んでいた薬や、
オススメのサプリメントもご紹介します。

貧血の薬は病院で処方される?

■私は、大学生の夏休み中に
とあるきっかけで病院へ行ったところ
血液検査で重度の貧血状態であることが判明。

倦怠感や動機、息切れなど
身体の不調は感じていましたが、
「疲れやすいのはただ体力がないだけ」
と思い込んでいたのです。

たまたま私が訪れた病院に
血液専門の女医さんがいたため、
『貧血を放っておくことがどれほど危険か』
ということを分かりやすく教えてくれました。

「普通に生活しているのが奇跡」
「心臓にも負担がかかる」
「このままでは輸血が必要なレベル」
とまで言われ、即入院することに。

■貧血の目安となるヘモグロビン濃度の値は
血液1dL中に男性で14g以下、
女性で12g以下です。

私が最初病院で検査をした時は、
この値が通常の半分以下の5.5gでした。

入院中の1週間は、『鉄剤の点滴』を
毎日してもらい、退院時には
ヘモグロビンの値が10gまで回復。

そして、点滴の代わりとなる『薬』は
退院時に説明されました。

・フェルム(鉄剤 カプセル)
・シナール(ビタミン剤 錠剤)

私が通院した病院では、
上記の2種類が処方されました。

病院で処方される貧血の薬の効果は?

■お医者さんによると、
「鉄剤のカプセルの吸収を良くするために
1日1錠ビタミン剤もセットで飲むように」
とのことでした。

薬は3ヶ月分処方され、3ヶ月後に
また検査をすると言われました。

毎日、夕食後に飲みました。

吐き気やお腹にくるなどの副作用は
個人差があるようですが、
私はそこまで感じませんでした。

■しばらく薬を飲み続けていると、
重たかった身体が軽くなるのが
自分でも分かりました。

階段を駆け上がっても、
動機や息切れをしなくなりました。

貧血の時に食べ続けていた氷も
全く欲しなくなり、日常生活が
楽に送れるようになっていったのです。

※氷と貧血の関係はこちら↓
貧血の人は氷が食べたくなるのはなぜ?妊婦の方は要注意!!

薬の他に意識したことは、
栄養バランスの良い食事をとることと、
カフェインを控えることです。

※貧血とカフェインの関係はこちら↓
貧血の人がコーヒーを飲むのはだめ?飲みたいときはこれ!

■そして、3ヶ月後の検査の時には
ヘモグロビン数値がなんと
12.5gまで上がっていたのです!

きちんと飲み続けていると、
やはり効果はありますね。

オススメのサプリご紹介!

■私は一時期、ドラッグストアで手に入る
市販の鉄分サプリメントも試しましたが、
なかなか効果が現れませんでした。
(重度の貧血だったからだと思います。)

しかし、貧血予備軍の人は
食事にプラスしてサプリメントで
栄養を補うのは「貧血予防に効果的」
と言えます。

下記のチェックリストに当てはまる方へ
オススメのサプリメントがあります↓

  • 通勤の満員電車がツライ
  • 生活リズムがバラバラで不安
  • 寝起きが悪い
  • 立ち仕事が苦手
  • 通勤中の人混みが苦手
  • なんだか表情が悪い
  • 運動が好きじゃない
  • 元気が出ない
  • 寒いのは嫌い
  • 体がすっきりしない
  • そろそろ子どもが欲しい
  • ▼『美めぐり週間』詳細はこちら▼



    ▲『美めぐり週間』公式サイト▲

    ◉有機JAS認定国産オーガニック生姜を配合!
    ◉だった5粒で1日に必要な鉄分を摂取できます!
    ◉今なら1480円(税込)から購入可能!
    ◉送料無料!

■長期間、貧血症状で苦しんでいた私も
今ではとっても元気に毎日を過ごせています。

病院の薬を飲まなくても数値が安定したので、
また戻ってしまわないように
『美めぐり週間』で栄養を補うようにしています。

気になる方は、ぜひお試しください。

みなさんが笑顔で生き生きと
毎日の生活を送れますように・・☆


▼『美めぐり週間』を試してみる▼